e-Tax(法人版)に住基カードで電子署名してみた!

前回のエントリーの続きです。

社長!法人のe-Tax利用時に代表者の住基カードの電子証明書が使えるみたいですよ!

電子証明書を取得

市役所に行って電子証明書を申請してきました。即日発行で500円。電子証明書は住基カードの中に入れられます(・ω・)ノ

ICカードリーダライタを用意

その住基カードをICカードリーダライタにセットします。

iccardreader

会社の経理用Windowsパソコンに SONY FeliCa RC-S380 を引っ張り出してきて接続。去年イータックスに挑戦しようと買ってはみたけど挫折して引き出しに入れていたカードリーダライタです。今年は頑張るよイータ君(´・ω・`)

e-Taxソフトをインストール

e-Taxサイトの説明がダブっていてわかりにくいので段取りを書いておきます。

  1. ルート証明書・中間証明書をインストール
  2. 信頼済みサイト登録ツールを実行
  3. 開始届出書の作成・提出
  4. 利用者識別番号・暗証番号の取得
  5. e-Taxソフトのインストール・バージョンアップ・初期登録作業を行う

無事にインストールされるとデスクトップにアイコンが現れます(`・ω・′  )

etax-icon

「源泉徴収票等作成ソフト」はe-TaxのWebサイトに飛ばされるだけですし、e-Taxソフトの中に源泉徴収票の作成機能がついているので、必要なければ消してもいいでしょう。

e-Taxソフトは起動する度に毎回ネットに接続してアップデートの確認をする必要があります。

e-Taxを使ってみます

帳票を追加

まずは帳票を追加します。左側メニューボタンから「作成」→「申告・申請等」をクリックし、右下の「帳票追加」をクリック。必要な帳票類を選択します。

etax-tyouhyoutuika

中小企業なら大体次の帳票でOKかな。

法人税申告関係
  • 別表1(1)「確定申告書」
  • 別表2「同族会社等の判定に関する明細書」
  • 別表4「所得の金額の計算に関する明細書」
  • 別表5(1)「利益積立金額及び資本金等の額の計算に関する明細書」
  • 別表5(2)「租税公課の納付状況等に関する明細書」
  • 別表6(1)「所得税額の控除に関する明細書」
  • 別表7(1)「欠損金又は災害損失金の損金計上に関する明細書」
    これは当期が赤字だったり過去9期の欠損金を繰り越している場合に提出
  • 別表15「交際費等の損金算入に関する明細書」
    交際費があれば提出
  • 別表16(1)「定額法又はリース期間定額法による減価償却資産の償却額の計算に関する明細書」
    不動産賃貸業で建物を減価償却しているなら提出
  • 法人事業概況説明書
勘定科目内訳明細
  • 預貯金等の内訳書
  • 売掛金(未収入金)の内訳書
  • 仮払金(前渡金)の内訳書
  • 買掛金(未払金・未払費用)の内訳書
  • 仮受金(前受金・預り金)の内訳書
  • 借入金及び支払利子の内訳書
  • 固定資産(土地、土地の上に存する権利及び建物に限る。)の内訳書
  • 役員報酬手当等及び人件費の内訳書
  • 地代家賃等の内訳書
  • 雑益、雑損失等の内訳書
復興特別法人税申告関係

納税額が無くても出しておかないと万が一更正処分で納税を要する場合に無申告加算税を払わないといけなくなります(・ω・)ノ

あと、法人の銀行口座から源泉徴収されている場合、一部が復興特別所得税なんですが、これは復興特別法人税から控除したり、復興特別法人税申告書を使って還付請求をします。

  • 復興特別法人税申告書
  • 復興特別所得税額の控除に関する明細書
地方税申告関係
  • 道府県民税・事業税・地方法人特別税の確定申告書
    これは都道府県税事務所に提出
  • 欠損金額等及び災害損失金の控除明細書
    これも当期が赤字だったり過去の欠損金を繰り越している場合に提出
  • 利子割額の控除・充当・還付に関する明細書
    預金利息から源泉徴収された税額のうち利子割部分の明細です
  • 利子割額の都道府県別明細書
    銀行口座のある支店の属する都道府県ごとに利子割を区分します
  • 市区町村民税の確定申告書
    これは市区町村に提出
 消費税申告関係
  • 消費税及び地方消費税の申告書
  • 控除対象仕入税額の計算表

上記の帳票を追加すると、帳票一覧に全ての帳票が表示されます。

etax-window

この他に、決算報告書を添付します。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 販売費及び一般管理費別表
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表

帳票に入力

別表1(1)の入力画面はこんな感じです。所在地・法人名・代表者等は初期設定すれば全ての帳票であらかじめ入力されてるので後は金額を入力していくだけでOKです(ノ)・ω・(ヾ)

etax-beppyou1-1

内訳書はこんな感じです。

etax-utiwakesyo-yokin

帳票は入力が終わったら必ず右下の「作成完了」をクリックして下さい。
全ての帳票が作成完了になって初めてその「申告・申請等」が電子署名可能な状態になります。

最初は電子署名ができなくてしばらく悩みました(・ω・)ノ

電子署名する

左側メニューの「電子申請」をクリックし、完成した申告・申請等の中から電子署名するものを選択し、署名します。

ICカードを選択し、電子証明書の発行時に設定した暗証番号を入力し、署名します。

etax-densisyomei

完了!

申請書を提出する

左側メニューの「送信」から提出します。

e-Taxを書類作成ソフトとして使う

電子申請をしなくても、帳票を作成して「印刷」すれば、帳票作成ソフトとして使えます。この場合は電子証明書は不要なので、普通にインストールして使えます。

一から書類を作るのは骨が折れる場合は、「法人税の達人」「魔法陣」といった法人税申告書作成ソフトを買って会計ソフトのデータをインポートすれば簡単です。ただし結構高いので、ネットで税務申告のみを格安で請け負ってくれる税理士さんを探すのも手です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ